検索
  • 紙成鳴美


すっかり夏バテです。昨日は気温が少し下がったものの、低気圧で疲れがどっと出た感じです💧


どこかへお出かけという事もないので、夏らしく、2015年に両親と行った、ひたち海浜公園、ひまわりの写真をアップします。



この時は娘もまだ10代。まだ子供っぽさが残ってます。


今日は会社の仕事で専門チャンネルのラジオに出演するそうです。私もよくわかってないのですが・・・本人、まだ寝てます。


それにしても子供の成長は5年で大人の10年は成長していきますね。若い頃は階段2段跳ばしなんて当たり前に出来ていた感覚を思い出します。



広大で人気もない風景に観覧車。中心の草に向かって轍ができてるのが気になります。



この風景を作るために、コキアの苗を6月に植えているようです。気が遠くなる作業ですね!秋には真っ赤になります。

  • 紙成鳴美

更新日:7月2日



以前にもご紹介した完熟果物や野菜を販売しているお店、hachiさんのインスタです。


農大の人脈を生かして、青いうちに収穫せず、完熟したものを中心に品物を取り揃えているお店です。


LINE広告にインスタのリンクがあって、清々しい野菜や果物の清々しい世界が広がっていました。とうもろこしの写真が美しい👏 


それにしても災害レベルで暑いです。判断力も鈍るので、昨日はトラブルまではいかないのですが色々あって疲弊しましたし、帰り道は電車を一駅乗り過ごしました・・・


Uターンのために電車に乗って、ドア横のポールがある所に立ったのですが、小学生2人が椅子から立ち上がって「そこ、虫がいるから立っちゃだめですよ!」って駆け寄って指をさしました。みたらドアと席の間の直角の所に茶色い大きな虫が・・・


「ありがとう!」ってお礼を言って私は反対側に移動したのですが、今度は端の席に座ろうとしたおばちゃまにも注意喚起。でも、おばちゃまは「ありがとね〜」といいながらどっこいしょと「大丈夫よ〜」という感じで座りました。


次にそのポールの前に女性が立ったのですが、小学生達はおばちゃまで何かを悟ったのか、注意喚起をやめてしまいました。


これは小学生の意思のバトンを引き継いで、私が教えるべきなのか、でも今のやりとりを彼女は見ていなかったのか?ポールから少し離れているし、まだ大丈夫?とか心配した結果、1人で虫の動きを見守ってしまう事に・・・


小学生達のおかげでぼーっとした頭が一駅で活性化されました。ほんと可愛らしい小学生でした。


以前沖縄へ行った時に地元の方が、夏の日中に外で歩いているのは観光客ぐらいで、地元の人は朝と夕方〜夜にしか出歩かないよ、とおっしゃってましたけど、本州もそんな生活の方が良くなってきてますよね。皆様も引き続きご自愛ください。

  • 紙成鳴美

更新日:6月30日



こちらは旧岩崎邸に展示されていた、かるたいれ。


超豪華な「かるた」入れです。


かるたを輪ゴムでとめてほおっておくか、大切に箱まで考えて保管しておくか、一つ一つの物や人への扱いの選択の連続によって、いずれはこんな立派なかるた入れが出来上がる事もあるのだなあ…と感心してしまう箱でした。



こちらは旧岩崎邸の近くのカフェでいただいた素麺。


珈琲中心のカフェなのに、何故かランチに素麺が!


店主が「カフェなのに直球の素麺でおかしいでしょ?」と恥ずかしそうに置いていきました。


お店にかかっていた音楽が先日ご紹介したヒューイルイス&ニュース。わー珍しいと思ったのですが、たぶん店主も同年代。パスタより素麺へ傾いていくお年頃です。


シンプルなのに凄い美味しかったです。



昨日、たまたまYoutubeのお薦め欄にあがっていた、三島由紀夫のインタビューについて。


たぶん皆さんもあれ?と気になるし衝撃を受けるのか、その動画だけ突出した再生回数でした。


日本の文化の優雅さの裏にある残忍性、この二つが緻密に結びつく事があり、今は生花のような表面的な美しさ、平和愛好的な文化だけだと思われているのが気に入らない。日本人には本当は強烈な武士の精神が今だに存在している、という内容。


高度経済成長を成し遂げたのは、武士の精神があったからでしょうし、たぶんそれは、今はアニメ文化の中に表現として残っているのかもしれないなあと思ったりしました。


今は幸福度で計られる世の中ですが、無意識の美学、日本の精神文化はどこへ向かっているのでしょうね?


最近の政見放送を、もし三島由紀夫が見たら…。