• 紙成鳴美

最終更新: 10月30日



昨日、キンキーブーツの短編が公開されましたね。冒頭のキンキーブーツに関わる方々の追悼コメントに涙。。。


「あんたのお涙頂戴コールで私がここに来たと思わないで、私がここに来たのはたった1つのため。それは称賛の嵐ー!」今もこう言って笑っているかもと願いながら、ここから再生スタートでリンクを貼ってみました。ぜひ最初からもご覧ください。


ちょうど昨日はご出身の土浦市の近く神栖市に両親といたのですが、母も土浦市出身だったので三浦春馬さんの話もしました。私の祖父の従姉妹が三浦春馬さんの出身中学の校長先生だったそうです。因みに三浦春馬さんのお爺さまも校長先生だったそうなので、どこかで繋がっていたといいなと思いました。


ところで三浦春馬さんのボイストレーナーさんの記事に「日本のエンタメは、制作会社とマネージメント会社を分離する法律がないため、役者にはよくない面が出始めているのですが、いつか、みんながそれに気がついてくださる日が来ることを願っています。」


とあったのですが、寝る暇もないのでは?という売れっ子の達の心の余裕も無くなってしまう程の労働環境、今日も事件がありましたが諸々の根本原因がそんな所にあったのかなとも感じてしまいました・・・



話は変わりますが、今日は藤井風さんの配信ライブに参加しました。米津玄師さん以来の衝撃。まだ23歳。なんと素晴らしい人が出現したのだろうかと感動する方です。カバーで終わらず作詞作曲も出来る方。


岡山県で10年前の子供の頃からこのようにYou tubeにピアノ演奏やカバーをアップし続けていた藤井風さん。今はまだ「藤井」と打つと藤井聡太さんの方が上にくるのですが才能のある若手同士で競り合って(?)ほしいです。



こちらは現在の代表作「帰ろう」死生観を唄っている心に響く名曲です。


コロナでコンサートも配信するのが主流になりましたが、遠方や小さなお子さんがいるなど様々な家庭環境でも参加出来るし、どうしても観たいという方へ向けた転売も抑えられそうです。


スクリーンショットなどもブロックできる仕様ですし、興行収入もアップし業界の底上げにもなりそう?ですよね。これからも続けてほしいなと思いました。


コロナをきっかけに急速に変化し続ける世の中ですが、若い才能が伸び伸びと活躍し続ける環境になる事を切に願います。

  • 紙成鳴美

最終更新: 10月25日



早いもので、もう少しで年末ですね。


今日は10月に発売になったかんたんパソコン年賀状2021のご紹介です。


その中の飛び出す年賀状カードを担当させて頂きました。

内容盛り沢山でWindows/Mac対応のCDROMもついている豪華な内容です。


表紙と表紙裏にも掲載頂いております。


今年はコロナにはじまり、様々な出来事が次々と起こり大変な1年でした。そんなわけで「あまびえ」の絵柄も掲載しています。淡いブルーで統一したので写真だと伝わりづらいですが、なかなか可愛い出来なのでぜひご購入くださいませ。とても簡単に作れる仕様です。


今年は人との繋がりが断たれた面もありますが、逆に大切さにも気付かされる年でした。多くの事がネットに移行していく流れではありますが、逆に年賀状の手書きの温もりも大事にされる年になるのではないでしょうか?フォント文字だけでなく、味のある年賀状を出し合いたいものですね。


  • 紙成鳴美

前記事に続き、浅草へ来た理由ですが・・・それはチェコの雑貨輸入品を扱うチェドックザッカストアさんへ行くというミッションがあったからです。


2018年にNHKで放送された「世界はほしいモノにあふれてる」にてチェコの飛び出す絵本が登場してまして、バイヤーさんのチェコで絵本を探して仕入れる姿に憧れ、その方のお店をチェックし、著作本も購入していたのですが、なかなかお店へ行けておらず・・・


忙しいと理由をつけて行動に移さないとあっという間に時は過ぎ去ってしまうとコロナ禍でも反省しまして、同じ都内なのに。。という感じですが2年越ぐらいでやっと浅草のチェドックザッカストアへお伺いする事ができました。


お店は写真手前、JOYという看板のあるビルの手前、オレンジの立て看板横のビルの間の隙間を進むとチェドッグザッカストア浅草さんがあります。


着いてみるとなんと!見覚えのあるビルが!驚いた事に「世界はほしいモノにあふれてる」のMC、三浦春馬さんの最後のテレビドラマ、撮影の舞台になっているバンダイさんが目と鼻の先にあるではありませんか!


ガラス越しですが、そっとドラマと同じ、ロビーの光景を感慨深く拝見し、お店へ向いました。


オーナーさんは番組で三浦春馬さんとお話した上に、撮影もお店のすぐ側で行われていたなんて凄いご縁ではないかと思い、お店の方にドラマのお話をしたところ、「撮影してた事も知らなかった」との事。。あらら・・・明日は最終回です。



たくさんの絵本はありましたが、残念ながら飛び出す絵本は在庫がないとの事。色々吟味した結果、こちらのトランクを購入しました。クラフトのお花をのせて撮影してみました。とっても気に入りました。


トランクのタグをみたら、見覚えが・・・調べてみたところ、10年ぐらい前にとっても気に入って購入した紙のボックスと同じチェコのメーカーさんでした。制作のための紙入れに使っていました。再びのご縁です。


世界で活躍するバイヤーさん憧れますね。チェコはデザインも素敵な魅力的な街ですね。いつか行ってみたいです。

2/48