top of page
検索
  • 執筆者の写真紙成鳴美

光の道



昨日の続きです。


海岸から歩いてきたのは「光の道」の先から歩いて宮地嶽神社さんへ向かうためです。


写真の先の海岸から歩いて辿り着きました。


地元のタクシーやカフェの方には、ここから歩いてなんて無理よと言われましたが、車社会ではない都会のもやしには逆に楽勝でございました。と言いつつも今日は足に湿布を貼っています。


それにしても「鏡の海」からの「光の道」なんて、とてもセンスある名前です。



年に2回、各1週間ほど海岸に沈む夕日の光の道が出現するとの事。近々だと10月です。また訪れたいと思います。


元々、歴史ある素晴らしい神社さんですが、こちら、JALのCMから全国から訪れる方が増えたそうです。


その後、テレビでまたロケで訪れたい場所は?という質問に二宮さんが、宮地嶽神社さんにまた行きたいとの事を答えていたそうで、なるほどと言いますか、とても素敵な場所でした。


ここには書けないのですが、私が訪れた日も偶然の重なりがあり、さらに今日は全く別の場所の方との凄い偶然の繋がりを知り、ご縁があったのも必然なのかなと思いました。


今日は社殿の手前、光の道の階段の話題までのご紹介です😃


Comentarios


bottom of page