検索
  • 紙成鳴美

ANTHOLOGYさん



今日は広尾の隠れ家的なBAR アンソロジーさんの3作目のメニュー制作の打ち合わせに行って参りました。カフェ用のカップも各々素敵で撮らせて頂きました!


3作目になると、各々の仕事の進め方や分かってくる事も多く、段々とアイディアや思考が全員で上がってくる感じで楽しい打ち合わせでした。


コロナの先が見えない昨今、お店へいらっしゃるお客様のコロナに対する考えも個人差があって、お客様同士でも誘う事も気を使ったり難しいですよね、というお話もありました。


同じく私のお打ち合わせも今日のように試作を手に取って頂いて対面でお話するのが一番ですが、お客様にこちらから伺いますとは言いづらく、結果としてメールが多くなって文章では伝わりずらく、なかなか難しいご時世です。本当に早く収束して欲しいです。


今日はお誘い頂き、多岐にわたるお話も出来て有意義な時間でした。

お店の品々と一緒で、メニューも丁寧に良い物を時間をかけて作るスタイルですので、完成は数ヶ月先になりますが制作の情熱を共有できて良かったです。


最新記事

すべて表示

前記事の通り、息子に米津駅のキーホルダーをあげたのですが、換気のために窓を開けに行ったら、何か床に落ちている物が・・・米津駅のキーホルダーではないですか😠 あの憧れてる米津玄師ならば、母からもらったキーホルダーをビニールからも出さずに落としっぱなしにしたりしないぞ。しらんけど。 でも、拾いついでに改めて裏面をみてみたら発見がありました。文字が小さくて、会社所在地の栃木県までしか見ていなかったので