検索
  • 紙成鳴美

8月15日



こちらは先月にアップした、蓮の花が咲く不忍の池近くの東大病院になります。休日で病院はお休みですが、SP、警護官が病院周りに沢山いました。その後のニュースで上皇様が検査のために訪れていた事を知りました。



東大病院の向かいにあるスポーツ施設のような所の入り口です。この一帯は歴史的建造物が多く、見応えがありました。東大の赤門まで足を伸ばしたかったのですが、また今度に。



さりげなく建っているのですが、かなり古い建物なのでしょうね。



そして祖母が通っていた黒門小学校にも立ち寄ってみました。


黒門小学校について Wikipediaによると


「江戸時代、現在の上野公園一帯(約35万坪)には、徳川将軍家の祈祷・菩提寺として歴代将軍から厚い庇護を受けていた東叡山寛永寺が有った。歴代の住職は天皇の皇子が務めており、比叡山延暦寺の座主と日光山輪王寺門跡を兼ねていて、日本の宗教界の頂点に君臨し、寛永寺に居住していた。寛永寺の入り口の総門は黒門と呼ばれていたので、門に近い町の名前には元黒門、西黒門、東黒門等、黒門に因んだものが多く、学校が設立される時に地域に根付いた黒門という名称を校名として採用した。」


とあります。東叡山寛永寺、凄いお寺があったのですね。上野というと美術館や博物館へ行く事が多くお寺まで足を伸ばした事がなかったので次回行ってみたいと思います。


東大の赤門に黒門。色々な歴史背景がありそうです。


こちらも窓の形といい歴史を残した作りになっているかと思います。

祖母が小さい時にはここを歩いていたかと思うと不思議な気持ちです。



以前にカムカムエブリヴディの放送が始まる頃にアップした祖母の写真。手前右から2番目です。今こうして生きているのも各々ご先祖様のバトンの受け渡しの証です。


今日は終戦記念日。戦争や混乱が続く世の中、ご先祖様の知恵や経験を改めて呼び起こして平和な世の中に繋げて行きたいですね。