検索
  • 紙成鳴美

12月16日は紙の記念日



東京都北区にある紙の博物館からの情報で紙の記念日がある事を初めて知る事ができました。


12月16日は1875年(明治8年)の今日、大河ドラマでもお馴染みの、渋沢栄一が手がけた「抄紙会社」(しょうしがいしゃ:後の王子製紙王子工場)が開業式を行った日を記念して紙の日が生まれたとの事。こちらYoutubeは紙の博物館のスライドショーとの事です。


印刷は家庭用のプリンター感覚で考えると簡単に思えてしまいますが、本格的な業務用の印刷機や加工機を拝見すると、印刷というのは一つの産業なんだと気づかされますし、多岐に渡る知識が必要な難しい世界だと感じます。


近年はプラスチックよりは紙、紙よりはデジタルという流れにはなっていますが、物流の段ボールやパッケージをはじめ、紙は様々な物にまだまだ欠かせない素材ですし、これからも進化する世界なのだと思います。


今日はパンフレット用の地図を描いたり、広尾のアンソロジーさんの絵本メニューの試作、美術さんよりお仕事のご連絡を頂いたり、本日も「紙」にお世話になっております。感謝です❣️