top of page
検索
  • 執筆者の写真紙成鳴美

東京都庭園美術館



今日は友達の引っ越し祝いへ。まずは最寄駅の目黒の東京都庭園美術館へ行ってきました。


昭和8年に皇族朝香宮家の自邸として建てられた邸宅です。


20代に1人で何回か行った懐かしの場所です。




階段の装飾デザインも美しく・・・四角の中は照明が入っているのでしょうか??それぞれの組み合わせが個性的で存在感がありました。


この他、排水溝の鉄製の蓋まで細かくデザインされていて、昔の人の細部へのこだわりが改めて実感できる邸宅です。



照明も各部屋デザインが様々でこんな可愛い物もありました。



ステンドグラスって今は逆に新鮮です。どの照明も個性的で素敵でした!


昔に訪れた時より、友達と一緒という事もあって気づきも多く、有意義な時間を過ごしました。


次に、友人の家に移動し、新居で組み立てられなく困っていたというキッチン家具を組み立ててあげる事に。


スパナを使っていなかったのが原因です。無邪気にすっごい何度も喜んでくれて、なんだか彼氏気分で帰宅するという楽しい1日でした。

Comentarios


bottom of page