top of page
検索
  • 執筆者の写真紙成鳴美

夏目友人帳と八代市民俗伝統芸能伝承館





以前にもご紹介させて頂きましたが、2022年オープンの熊本県八代市の八代市民俗伝統芸能伝承館、通称「お祭りでんでん館」の常設展にて飛び出す絵本の設計を担当させて頂きました。


実は15周年を迎えたアニメ夏目友人帳との作者、原作者 緑川ゆき先生は熊本県のご出身で、アニメの舞台に八代市も登場します。


その人気アニメが7期の制作決定との事!また八代市が登場するかもしれません。

ツイートに12万越えいいね💓 愛されてますね〜💓しばらくトレンド1位になってました。私も制作にあたって熊本県の雰囲気を探るべく、アニメを観て楽しませていただきました。


熊本県は近年、水害も多く昨日と今日も線状降水帯が発生し、大変な状況で心配です。


コロナ禍、災害を通して、遺跡や伝統文化は継承していく事は人と人との繋がりが改めて大事だという事に気付かされました。こちらのお祭りでんでん館は伝統文化の継承のために交流のための催しや展示、情報発信をなさっています。ぜひインスタもご覧ください。


インスタはツイッターのように他の媒体に貼る事が出来なくなってしまったので

画像をおかりして一部、スクショを掲載させて頂きます。以前は展示の飛び出す絵本を元に、飛び出す絵本制作の体験講座も開催されました。


インスタ内では絵本の後に本物のお祭りの写真を並べて掲載されています。アカウントをお持ちの方はぜひスワイプしてみてください。









Comments


bottom of page