• 紙成鳴美

コロナウィルス


昨日、整理をしていたレゴの中から見つけたドア。パソコンの下に飾りました。


子供の頃は窓とかドアの部品に凄くワクワクした事を思い出します。ドラえもんのどこでもドアも不滅ですよね。扉を開けるって見えなかった物が見える行為なので飛び出す絵本もそうですが、どこかワクワクを連想するのかもしれません。


それにしても新型コロナウィルス。蔓延しないように、過密通勤をなんとかしないといけないように思います。今こそ、時差通勤を都知事も進めて欲しい。都のHPからの「あなたの声をお寄せください」にも送信してみました。IT企業が自主的に自宅で仕事するように切り替えてますが一部です。まだまだ出来そうな気がします。


もしコロナウィルスが蔓延したら、花粉アレルギーなどでは病院へ行きずらくなくなると思い、空いている時間に薬をもらいに行き、待合室にどなたもいらっしゃらなかったので先生に色々と質問してみました。


現状では各病院で検査は出来ないので、発熱などがある場合、渡航や中国関連に該当するか否かで保健所に連絡して対処を仰ぐように言われているとの事。該当しない場合はインフルの検査をしても陰性で様子がおかしいなどの場合は保健所へ連絡する予定との事でした。熱がある場合、隔離部屋が用意された病院にかかった方が良いかもしれませんね。


今のところ、ウィルスの検査機関が東京にしかないとのことで地方で発生した際には結果が出るまでにどのくらいかかってしまうのでしょうか?医療ガバナンス研究所理事長 上 昌広氏の東洋経済の記事ウィルス検査の方法の提案などが載っていて、その他の点も納得の記事でした。


今は自主防衛しか手段がないので、マスクをしつつ飴を舐めて喉を潤す。人混みにはなるべく近づかない、自己免疫力を上げるために規則正しい生活をするのが大事との事。


日本ではまだまだ広まっていないのですが、くしゃみを抑える時、手のひらだと感染を拡大させるので肘の内側で抑える事も大事です。あと外では吊り革に捕まるなどの際は手袋を用いて、さらに手洗いもしっかりする事も有効だそうです。


香港大の記事ではウィルスのピークは4月〜5月ではないかとの事。まだ未知なウィルスの事を考えますと、それも確かではありませんが、万が一を考えて防災用と同じく食料備蓄も大事ですし、色々と備え的にやるべき事が多そうです。