top of page
検索
  • 執筆者の写真紙成鳴美

コピーライター


昨日、YouTubeを見ていてランダムに流れてきた糸井重里さんの対談。


もう75歳になられるのですね。


会社、「ほぼ日」の売上の半分が「ほぼ日手帳」で23年の売上高は過去最高の68億、今の時代にアナログな手帳は売れるのだろうか?と思いきや海外でも売り上げが伸びているそうです。


社訓のようなルールに「絶対に遅刻しない人が遅刻する人を責めてはいけない」というのがあって、時間を守るっていうのが、とてもとても大事だっていう風な文化になりたくないからだそう。


そうそう、なんだか分かる。と思わせるのはコピーライターならではの発想かも。


ジブリとテレビ東京との価値観の比較みたいな話もそれぞれで面白かったです。


物事の判断が、正しいか正しくないか、ではなくカッコいいか、悪いか。みたいなのもそうだなあと思いました。その時その時に◯と✖️をつけるのではなく、曖昧な中で自然とバランスをとっていくのが大事だと私も思います。なかなか深い話があっておすすめです!


あと糸井重里さんも確定申告が苦手のような事を言及していて安心しました。


確定申告とか補助金とかインボイスとか、申告の複雑さが本業の時間を奪っているので逆に税金が発生する機会を損失していそうな気がするのですが・・・











Comments


bottom of page